妊娠超初期の体験談。寒気でインフルエンザを疑いました。

妊娠超初期の体験談。寒気でインフルエンザを疑いました。
こんにちは。mamariです。
今回は私が体験した妊娠超初期の寒気・悪寒の体験談です。

結婚して半年経った頃、2016年11月に妊娠していることがわかりました。

妊娠すると女性の体は今までなかったような様々な変化を始めます。

世の中には色々な妊娠超初期体験談があると思いますが、今回はあまりの寒気にインフルエンザを疑った私の体験をお話ししたいと思います。

妊娠がわかる前、生理予定日の3日前に突然体の変化を感じました。

妊娠超初期症状!?仕事中に突然の寒気

12月の中旬、にわかにインフルエンザの流行が世間を騒がせ始めた時期でした。

ワンフロアに30人ほどのオフィスで働いていた私を突如身震いが襲いました。
寒い・・・そしてあの肌がピリピリする感じ。

目の前の同僚に尋ねたのを覚えています。
「なんか今日空調おかしくないですか?寒くないですか?」

同僚の返事は、「え、いつもより熱くないですか・・・?」
やばい、私だけだ、この症状は・・・寒いんじゃなくて「寒気」だ。悪寒だ、インフルエンザだ。

体調が悪くなることの予感に、終業後早々に帰宅したことを覚えています。

寒気のレベルがインフルエンザ、慌てて病院へ駈け込もうとするも・・・

帰途につくと旦那さんは飲みで帰りが深夜になることが判明。

明日も仕事だ。体調を直さねば・・・インフルじゃないといいな。

いったん荷物を置いて病院へ行こうとするも時間は5時57分。
あ、今日無理だ・・・

ますます寒気がひどくなり、肌がピリピリする。

絶対高熱が出てると思い体温計でとりあえず熱を測定しました。

ところが・・・
驚くことに体温はほぼ平熱。

でも寒気だけではなく、なんとなく火照るし、しんどい。
「これは妊娠超初期症状というものでは・・・?」、妊娠を疑った瞬間です。

翌日には寒気はなくなりすっかり回復、妊娠検査薬は陰性

翌日の朝はすっきり目覚めました。

体調も元通り。

寒気もなくなりました。

一応、昨日妊娠が頭をかすめた為、会社帰りに妊娠検査薬を購入して自宅で検査しました。

・・・陰性。

だよねー、と残念に思いつつ、でも何となく妊娠の予感があったのを覚えています。

生理予定日に再検査、陽性反応

それから2日後、生理予定日。

2日たってもやはり妊娠を疑っていました。

朝イチの検査は結果がはっきりでやすいということで、さっそく再検査。
結果、ばっちり陽性。

ほらね、と改めて納得した自分がいました。

急にのぼせたような火照りと、尋常でない寒気、そして超平熱。あれで何もないわけがない、逆にほっとしたのを覚えています。

異常な「寒気」。
これが私の妊娠超初期体験談でした。

妊娠初期症状というものは一般的なものから、そんなことあるの?というものまで人により色々だと思います。



最近になって、出版社大手リクルートマーケティングパートナーが、妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBabyをスタートさせ、妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を、無料で自宅に郵送で届けるという太っ腹なサービスを始めました。

妊娠中はいろいろ心配になり、ググったり、妊娠出産雑誌を買い集めたりしますが、これを申し込んでおけばわざわざ買いに行かなくても必要な時期に必要な情報が載った雑誌が、自宅に届きます。

超おススメ。

最後に・・・。

身近にいるママさんたちからも面白い妊娠超初期の体験談が聞けました。

まとめましたのでよかったら参考にしてみてくださいませ^^

ママ友達の妊娠超初期症状