ママの在宅ワーク、パワーポイントのお仕事!厳選求人サイト4選

ママの在宅ワーク、パワーポイントのお仕事!厳選求人サイト4選

パワーポイントが得意だけど、その技術を生かして在宅ワークで働くことはできないかしら?パワーポイントが入ったパソコンがあればできそうだし、時間の自由も聞きそうだけど・・・

マイクロソフトオフィスのパワーポイントは、会社員として働いていても扱う機会が多いソフトのひとつです。

慣れてしまえば、サクサク扱うことができ、プレゼン資料や営業資料など作成に役立ちます。

今回はそんな技術を使って、在宅ワークができないかなと考えているママに、比較的パワーポイントの求人が多いサイト、会社をご紹介します。

在宅のお仕事は、時間が自由に設定できることろも魅力ですね!

在宅ワークでパワーポイントの仕事を得る準備

在宅ワークとして、パワーポイント資料の作成を行おうと思った時に、準備しなければならないものがいくつかあります。

パワーポイントで作る資料は、会社の内部事情に触れたり、大事な数値を扱うことが多く、技術面だけでなくセキュリティ面の対策も必要です。

パソコンとマイクロソフトパワーポイントの準備

まず、在宅ワークで仕事をするためにパソコンが必要です。そして、パワーポイントのソフトがインストールされていることが必須の条件となります。家庭用パソコンでパワーポイントを持っている人は少ないかもしれません。

そういう時は、マイクロソフトのサブスクoffice365を使えば、値段の高いパワーポイントを購入せずとも使用することができますので、ぜひそちらも検討してみてください。

セキュリティソフトの準備

また、セキュリティ管理の観点から、ウィルスソフトのインストールも必須となります。在宅ワークをする場合、高いセキュリティが求められますので、真っ先に入れておくようにしましょう。

業務を請け負う場合には、必ずと言っていいほど、セキュリティソフトが入っているかどうかの確認があります。「今から準備します」では、リテラシーが低いと思われても仕方ありません。

パワーポイントでできる在宅ワークの種類

パワーポイントで請け負う仕事は様々な種類がありますが、代表的なものは下記の二種類でしょう。

手書きの案を形にする作成代行屋

パワーポイントでプレゼンや資料を作りたいと思っていて、案や元になる資料はあるけど、パワーポイントの操作スキルがない人からの依頼を請け負う在宅ワークです。

具体的には、手書きのプレゼン案を、依頼者の望む形に仕上げる作成代行です。

依頼単価自体はそう高くありませんが、サクサクと仕事をこなしていけるので、働く時間に制限のあるママでもストレスなく仕事に取り組めるでしょう。

デザインで成果を出す、プレゼンクリエイター

パワーポイントのプレゼン資料を使って、営業ツールとして使用したり、社内の士気アップに繋げたり、作成物から成果を求めるものを作り上げる、クリエイターとしてのお仕事です。分かりやすさだけでなく、デザインセンスも必要です。

パワーポイントの在宅ワークはクリエイターとしてのお仕事のほうが高い報酬を見込めます。

パワーポイントの仕事を在宅ワークで請け負うことができるレベルって?

では、どの程度の作成物ができれば、在宅ワークとしてパワーポイントのしごとを請け負うことが出来るのでしょうか?

まず、パワーポイントの操作に関しては、問題なくすべての機能を使いこなせる必要があります。

ですが、この点に関して言えば、ある程度の経験を持っている人なら、専門書を一通りおさらいすれば問題ないはずです。

自由にソフトを操作することができれば、先に挙げた作成代行屋さんとしての役割は、すぐに果たすことができます。

パワーポイントクリエーターを目指すのであれば、デザインセンスなども必要になってきます。少しずつ経験を積んで、代行屋からクリエーターを目指す道もあります。

パワーポイントの在宅ワークの収入とおススメ求人サイト4選

パワーポイントの仕事を募集しているサイトは以下の通りです。

・ママワークス

・クラウドワークスビズアシスタント

・フジア株式会社

・ママの求人

特にママワークスはママが働きやすい環境を考慮してくれる企業に特化されていますのでお勧めです。クラウドワークスは有名ですが、その中でもビスアシスタントというサービスを使うことをお勧めします。

収入は調査したところ、時給で1000円~1300円程度が最も多く募集がありました。パワーポイント1枚で300円~1000円程度の設定がされていることもあります。

また、もしパワーポイントの作成代行屋としての在宅ワークを考えているなら、同じようにフォントや画像の加工を扱う動画編集クリエーターという在宅でできる職種があります。動画編集クリエーターは、扱うソフトは異なりますが、仕事としてはパワーポイント作成代行屋とプレゼンクリエーターのちょうど中間のようなイメージです。

パワーポイントの作成代行から、デザインセンスを必要とするパワーポイントクリエーターを目指すよりは難易度は低く、仕事量が豊富です。また報酬がずいぶん良いのが特徴です。パワポを編集できる技術をすでに持っているなら、習得は独学でも可能かもしれません。

また、動画編集クリエーター講座等で学べば、より確実に手に技術を付けることが可能です。