子どもの寝かしつけに「グッドナイトピローミスト」。試してみませんか。

子どもの寝かしつけに「グッドナイトピローミスト」。試してみませんか。

子どもの寝かしつけに、いったいどれだけのママが心身ともに疲弊しているでしょうか。ただ「寝ない」というだけで、驚くほどの労力をそぎ取っていってくれます。今回はそんな寝かしつけをいい感じにしてくれたピローミスト、使用した際の感想をご紹介します。

寝ない子どもに悩まされる日々・・・

多くのお母さんが悩んでいるであろう、我が子の寝付きの悪さ。
なんとかまとまって寝てくれるようになっても、寝かしつけるまでがひと苦労だったりしませんか。


私もこどもが2歳くらいからずっと寝付きが悪く、いつまでもベッドの中で目をパッチリあけている我が子に疲れ切る毎日でした。
ある時、寝付きの良くなるハーブティーバッグのセットを親戚にもらいました。
たしかにすごく良い香りなのですが、うちの子はあんまり飲みたがりません。
麦茶のようなくせのない味を好むタイプだったのです。

実は香りは脳に直接働きかける?ピローミストを試してみた


そこでハーブについて調べてみると、むしろ有効なのはお茶の成分というより香りのようでした。
香りは脳に直接働きかけることができ、とても強く作用するのだそうです。
そしてオーガニック店でピローミストを購入。
商品名はそのものずばり「グッドナイトピローミスト」。
お値段は3000円前後でした。


ピローミストは、スプレーボトルに入った眠りを誘うアロマで、枕や寝室全体に吹きかけて使います。
ラベンダー、カモミール、ゼラニウム、オレンジなどがブレンドされた香りでした。
寝室全体に使っても良いのですが、こどもは感覚が鋭いというので逆に気になるかなと、枕にだけスプレーして使用。
枕に頭を沈めると、ふわっと香りがしてくる感じ。
こどもも気に入って、寝る前の絵本にお花やお姫様が出てくると、「あ!お花の匂いだね」とか、「あ!お姫様の匂いがする」とか言っていました。
そして絵本を読んでいるうちに、とろんとして寝てしまうことが多くなりました。
やがて眠る癖が定着したのか、だんだんと寝付きが安定してくれました。
注意点は、ピローミストが直接肌に触れないように使用することです。

「グッドナイトピローミスト」の感想


ピローミストのおかげで我が子が眠るようになり、一安心できました。
しかもちょうどイヤイヤ期だったために疲弊していた私の心にも、アロマの効果があったように思います。
ピローミストは育児疲れの母親にも良いですよ。