子供の人生の9割は親で決まるらしい。その理由とは?

子供の人生の9割は親で決まるらしい。その理由とは?

人生は自分次第と思っている人は多いと思います。自分の努力、自分の人脈、自分の運、それらが合わさって今の自分の人生を作り上げているのだと思いたいですよね。

それとは反対に「人生の9割は親できまる」といわれる考え方があります。なんと、努力も運も人脈も自分が築き上げるものは意味をなさずに、もって生まれた「親」との関係でほぼ決まってしまうという話です。

子どもの幸せを願って、日々あれやこれやと努力をしているママにとって、聞き流せる話ではありません。今回は、そのようなことが言われる理由をわかりやすくまとめてみます。

人生の9割は親で決まるといわれる理由

容姿は親から遺伝する

容姿は当然親から遺伝します。自分の子を見るたび、似てるなあと思うことも少なくないはずです。容姿が人に伝える情報というのはとても多く、その人の印象を左右する大きな要素のひとつです。

性格は親からの遺伝で傾向が決まり、親の育て方によって作り上げられる

性格も実は遺伝するといわれています。容姿の特徴が似ている親により性格が似るという話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

親のしつけによって習慣が出来上がり、習慣は人生を作る

意識せずに行っている習慣はたくさんあります。それは今まで生きていた人生のどこかで獲得したもので、多くは親、学校などです。毎日繰り返すその習慣は、その人の行動を表すもので、人から評価を受けるものでもあります。習慣は人生を作ります。

親の経済力によって受けることができる教育が決まる

卒業した大学・受けた教育によって、人生が左右することは珍しいことではありません。その人の人格形成にも大きくかかわります。

子どもの人生の9割に影響を与えてしまうらしい「親」が気を付けるべきこと

自分の例をとってみても、自分で行った選択の多くは、親の影響による自分の判断で会ったことがわかります。受け継いだ遺伝と育った環境がスタンダードになることによる影響が多く関係します。

自分は自分であるが、周りによって作られたものであること、それが人生の9割は親で決まるといわれる理由であるということなのでしょう。