子育てブログKOBAKO

出産子育て・親子の遊び場・日常のお役立ち情報・ブログ運営など、情報発信しています

幼児教室の効果とは? 1歳から通い始めて1年目の感想 

calendar

幼児教室へ通い始めて1年がたちます。

通い始めた1年前は、「大丈夫かな、うちの子・・・」という状態だったのが、すっかり成長したと感じています。

もちろん、成長する時期だから当たり前と思います。

ですが、親目線で見てこれは幼児教室の効果だと感じたことも多いです。

興味を持っていただいた方に、幼児教室ってどんなとこ?通わせて効果があるの?いう疑問にウチの子の例でお答えしていきたいと思います。

幼児教室とは?どんなところ?何をするの?

小学校に入る前の子、早ければ0歳から色々な教育をする教室のことです。

「習い事」はピアノや水泳、英語など習得が目的ですが、「幼児教育」は遊びや学習カリキュラムを通して、「表現力」「積極性」「コミュニケーション」「問題解決力」などを育みます。

全国に展開している教室には学研幼児教室やコペル、ドラキッズなどがあります。

うちの子が入学したのは地域で評判の高い独自カリキュラムを持った教室です。

幼児教室の効果とは?1歳から通い始めて1年目の感想

目に見えて成長したと思われる効果

・落ち着きがでた

・チャレンジしてみるということに積極的になった

・自分の言いたいことを相手に伝える力がついた

・お友達ができた

・コミュニケーション能力の向上

できるようになってきた行動は、積み木 お絵描き お歌 工作 ダンス 自由遊び 体操 英語 あいさつ 食事 トイレ などです。

「これができるようになった」という行動の成功体験は積極性につながっていると思います。

何より、「人と一緒に学ぶ」という経験が喜びになっているというのをとても感じます。

「人と一緒に学ぶ」というは、親が「〇〇ちゃん、できたね~、えらいね~」と褒めることは別物のようです。(もちろんとても大切ですが)

一緒に学ぶことで、待つ、一緒にやる、お友達の行動に興味を持つ、相手の言うことを理解しようとする、などの力がつきました。

例えば「近所の公園」や「大型ショッピングモールの遊び場」などは、手軽な遊び場として最高だとは思うのですが、いつも行くたびにメンバーが入れ替わっています。

その他、私自身のお友達の子と遊ぶこともありますが、年齢の差や定期的に遊ぶことはなかなか難しいです。

その曜日、その場所に行くと必ず同じお友達と顔を合わせ、遊びや学びを通して交流をもつという環境を作ってあげられたことが、いろいろな良い効果として現れたのではないかと思っています。

幼児教室以外の習い事でも同様の効果はあると思うのですが、心技体とバランスよく育ててくれるという意味で幼児教室の効果は高いと思っています。

あと、1つ2つ上のクラスのお友達の英語の発音はとても素晴らしいです。

英語は「当たり前に」話せることを目標に頑張っているようです。

幼児教室での子供の様子は?

毎回とても楽しみにして喜んで通っています。

とは言え、最初の2か月間は教室に行くと最初泣いていました。

慣れてからは最初の大泣きが嘘のよう。毎回いろいろな体験ができることを楽しいと感じているようです。

「今日楽しかった?」と聞くと、元気よく「うん!」という返事が返ってきます。

悪かった点

特にありません。

強いて言うなら教室に行った日は興奮して寝つきが悪い&夜中に目を覚ますことがありました。

幼児教室のカリキュラム内容・学費

カリキュラム内容

全国には様々な幼児教室があり、内容は独自カリキュラムのものがほとんどです。

同じように歌やダンス、英語や運動がカリキュラムに入っていたとしても教室によってやっている内容も教材も違います。

一番いいのは、やはり体験教室に参加され、先生のお話を伺い、通っている生徒さんの雰囲気を見ることだと思います。

私も入学前には見学・体験に参加しました。

幼児教室の学費

全国には多くの幼児教室があります。

1歳児クラスで比較してみたいと思います。

ドラキッズ 会費

満1歳 親子教室 週1回60分 月8000円

幼児教室コペル 会費

幼児コース 週1回50分 月16000円

ミキハウス幼児教室 会費

満1歳 親子教室 週1回60分 月8000円

ベビーパーク 会費

50分×年42回のレッスン 月14000円

2019年現在のものです。

いづれの教室も学費の詳細はホームページに記載がありますので、ご確認ください。

まとめ

あくまでうちの感想ですが、早いうちに幼児教室に通わせて良かったと思っています。

独りよがりな行動になりがちな一人っ子に、自然とお友達とのとの関係性を持たせてくれることは本当にありがたいです。

親としても少し楽をできたような・・・

本当に先生方にとても助けていただきました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




男児のママです

KOBAKO

男の子育児中。育児や遊び、ブログ運営情報を発信しています。