子育てブログ「小箱」

出産子育て・親子の遊び場・日常のお役立ち情報・ブログ運営など、広島から情報発信しています

人間ドッグで胃カメラ 鼻と口どっちが楽?両方体験したので感想を記します

calendar

reload

人間ドッグで胃カメラ 鼻と口どっちが楽?両方体験したので感想を記します

人間ドッグの胃カメラ、周りから「苦しいよ」と聞いて不安になる方も多いと思います。

2年前、筆者も家族からその苦しさを聞いて不安になったものです。

今回は2年間で経口と経鼻、両方の施術を受けた感想を詳細にご報告しようとおもいます。

経口胃カメラの感想

実際、この世のものとは思えない苦しさでした。

胃カメラの管を見たとき、その余りの太さに唖然としました。

恐怖心が苦しさを倍増させた部分もあったのかもしれません。

実際の検査は…、今までの人生で体験したことのない大変な苦しさだったと思います。

まず、胃カメラを飲む準備として、液体を口に含み喉の奥に貯めてしばらく待ちます。

喉の奥が痺れたような感じがしたので、これでたぶん大丈夫なんだろうな思いました。

…とんでもなかった

今まで体験したことのない苦しさです。

喉の奥に太い管をつっこまれ体は拒絶反応を示しているのに、さらに奥へと強引に管を突っ込まれる。

うぇ~っとなって、や~め~て~シ~ぬ~と思っているのにさらに奥へ。

拷問です。

えぇ、わたしにとっては拷問でした。

平気な人がいるんでしょうか。

汚い話、涙だらだら、ヨダレだらだら、鼻水も。

ぐえっぷ、うぇ~、げぇ~、ゴボッ、グッ、ぐぅぇおぁぁ、げぶぉ、と言った感じです。

汚い上に、抽象的な表現ですみませんが、参考にしてください。 笑

翌年は懲りもせず鼻から入れる胃カメラに挑戦しました。

(やっぱり比べてみたいじゃないですか笑)

経鼻胃カメラの感想

前年、口から胃カメラでとんでもない苦しみを体験した筆者ですが、懲りもせず今年は鼻から胃カメラに挑戦しました。

経鼻胃カメラを見た感想は、細い!

経口の胃カメラのイメージがあったのでとても細く感じました。比べものにならないです。

経口胃カメラが足の指くらいの太さなら経鼻胃カメラは手の小指くらい。(イメージ)

なんでこの細いやつを口から入れるんじゃダメなんだろうと、しばし考えてみたけどわかりませんでした…わからないけど理由があるんだろうなぁ。

鼻の奥に麻酔をするということで薬がついた綿棒を突っ込まれて待つことしばし。

その時に看護師さんから恐怖の説明が!

「もし、どうしても鼻から入らなかったら口から入れますから~。時々入らない人、いるんですよね~」

断固、断る!

とは言えなかったですが、また口から入れられてあの苦しみを体験するかと思うと、実際生きた心地がしませんでした。

結果、無事鼻から胃カメラは入っていき検査を終えたのでした。

まあ、それなりに苦しかったですよ!

経口胃カメラと経鼻胃カメラの苦しさを点数にすると(あくまで私の感想です)

経口胃カメラ120点ダントツ勝利!

経鼻胃カメラ40点、健闘しました^^

口からの胃カメラ検査はもう一生やりたくないですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




広島在住主婦

ままり

男の子育児中。育児や遊び、広島情報を発信しています。