子育てブログ「小箱」

出産子育て・親子の遊び場・日常のお役立ち情報・ブログ運営など、情報発信しています

【お金の話】「子育て費用」をざっと計算してみて青ざめた

calendar

赤ちゃんが生まれて落ち着いてくると、先々のことを真剣に考える機会が増えるものです。

しつけ、学校選びなど、「社会出るまでに一人前に育てる」という

親としての責任はとても重いものです。

またお金の面も、今までのように、どうにかなるだろうで済ませるわけにはいきません。

私が子育てに必要と考える「子育て費用」についてまとめました。

 

大人になるまでにかかる養育費の平均は1,640万円!

子ども一人が生まれてから大学を卒業するまでにかかる

養育費の平均額は1,640万円と、ある保険会社が調査報告を出しています。

さらに驚くことにこちらの数字は「教育費」を除いた金額です。

■出産・育児にかかる費用:約91万円■食費:約671万円■被服費:約141万円■保険医療・理容(または美容)費:約193万円■おこづかい:約451万円■私的所有物代:約93万円■合計:約1,640万円とされています。

22年間という長い月日をかけた子育てにはこれだけの費用がかさむものなんですね!

驚きです。

ですが、あらかじめ大体の数字を把握しておけば、

やみくもに収入を貯金に回して生活費のバランスを崩すような心配もなさそうです。

さらに、できれば「教育費」は年間100万円程度を別枠で取っておくと安心です。

 

「教育費」について詳しく調べてみました

子育て費用の中でも大きな割合を占めるであろう「教育費」について考えてみます。

■幼稚園に3年間通わせた場合の学費の平均公立:約70万円/私立:約145万円■小学校6年間にかかる費用公立:約180万円/私立:約850万円■中学校3年間にかかる費用公立:約135万円/私立:約390万円■高校3年間にかかる費用公立:約120万円/私立:約290万円■大学4年間にかかる費用国公立:約520万円/私立(文系):約690万円/私立(理系):約810万円

子育てにおける「教育費」の大きさを実感いただけたでしょうか。

公立か私立かでずいぶん金額に差があります。

すべて公立の学校を卒業した場合、1,025万円、

全て私立でかつ、理系の大学に進学するコースだと約2,485万!

どちらにしてもとても大きな金額です。

できれば親としては子どもにはお金の心配をさせることなく、望んだ進路に進んでほしいですよね。

環境によるところも大きいかと思いますが、

この数字を見ると2,500万円ほどの準備があれば安心かと思います。

子どもが生まれたらすぐに教育資金の準備に入ればなんとかなりそうです。

また後述しますが、教育費には国や自治体、または企業独自の奨学金制度などもありますので賢く利用して教育費を捻出していきたいものです。

子育て・教育支援の制度を利用する

上述の通り、一人の子供を社会に送り出すまでには莫大な「お金」が必要になることがわかります。

ですが、わが国では子育てに関して様々な支援制度があります。

国の制度や自治体の制度、収入制限があるものなど、

家庭によって受けることのできるサポートは異なってきますが

一般的なものをご紹介していきます

こういったサポートは賢く利用して子育てを乗り切っていきたいですね!

■出産一時金:42万円■児童手当:3歳未満(15,000/)3歳以上小学生以下2人目まで(10,000/)3歳以上小学生以下3人目以降(15,000/)・中学生以上(15,000/)
(所得制限があり)。

■奨学金:収入や学校及び自治体の制度により異なる